歳をとったり病気になると、おいしくて栄養満点の食事でも、噛(か)むことや飲み込むことが難しくなります。「口から」身体に大切な食事をとることは生きる活力を与えます。
このコーナーでは、食べることが難しくなった方たちをやさしくサポートするために、旬の食材を用いながら、家族と一緒の献立で食べやすい料理をご紹介します。


 
*かに玉あんかけチャーハン*

いつものチャーハンに一工夫!あんがかかっているので、お年寄りでも食べやすくおいしさも2倍!
豚肉(ビタミンB1)とねぎ(アリシン)のコンビネーションに卵が加わって栄養価もアップ!ビタミンCたっぷりの果物を組み合わせるとさらにいいですね。
≪栄養成分≫
*1食の目標栄養量を★の数だけとれます!
エネルギー
たんぱく質
ビタミンB1
ビタミンC
亜鉛
★★★★ 577kcal
★★★★★    18.5g
★★★★   7.4mg
★☆☆☆☆   4mg
★★★★★   3.3mg
★材料(2人分)★

<チャーハン>
ごはん・・・・・・・320g(茶碗2杯)
豚ひき肉・・・・・50g
ねぎ・・・・・・・10g
人参・・・・・・・30g
しょうが・・・・・ 6g
サラダ油・・・大さじ2
塩・こしょう・・・少々
チキンコンソメ・・・・少々
<A>
  卵・・・・・・2個
  しょうゆ・・・小さじ1/2

<あん>
カニ缶詰・・・・・30g
<a>
  チキンコンソメ・・・3g
  料理酒・・・小さじ2
  しょうゆ・・小さじ1
  水・・・・・・200cc
<b>
  片栗粉・・・・大さじ1・1/2
  水・・・・・・大さじ3
ねぎ(飾り用)・・適宜


<作り方>
  1. ねぎ、人参、しょうがをみじん切りにする。
  2. 卵を割りほぐし、しょうゆを加えて混ぜる。
  3. フライパンに油を熱し、2.を加えて半熟のいり卵をつくり、皿に取り出す。
  4. フライパンに豚ひき肉と1.を入れて炒める。ひき肉に火が通ったらごはんを加えてよく炒め、チキンコンソメ(粉状)と塩コショウで味付けする。
  5. あんをつくる。なべに(a)とカニをほぐしていれ、煮立てる。(b)を加えてとろみをつける。
  6. 皿にチャーハンを盛り、いり卵をのせて上からあんをかける。最後に小口切りのねぎをのせる。

やわらか食:噛(か)む力が弱くなった方
嚥下(えんげ)食:飲み込みが難しい方
  1. 鍋に普通食のチャーハンとお湯100ccを加え、汁気がなくなるまで鍋にふたをして弱火でやわらかく煮る。*えんげ食は少し水分が残った状態で、ミキサーにかける。
  2. 卵を割りほぐししょうゆを加える。
  3. 普通食のあんにお湯50cc(分量外)を加えて煮立て、2.の卵を加えて卵あんをつくる。
  4. 器に1.を盛り、上から卵あんをたっぷりかける。最後にねぎのみじん切りを飾る。
☆チャーハンの硬さは舌でつぶせるくらいが目安です。
☆飲み込みが難しい方は、卵あんを多めにしてご飯にしっかり絡めると食べやすいです。