メニューに戻る

成長のひけつ

みなさんは、今、成長期の真っただ中です。「もっと背がのびてほしい」と願っている人や、「たくましい体になりたい」と願っている人など、成長を心まちにしている人はたくさんいると思います。
そんなみなさんに、ぜひ、知ってもらいたいのが今回の格好よく「成長するひけつ」 です!!

体をつくる材料を用意しよう!!

背がのびる時、体はどうなっているの?

体は、頭から手や足の指先まで、骨と筋肉で形づくられています。骨は体をささえて、筋肉で体をうごかしますね。この骨と筋肉の共同作業が重要なかぎ!!  格好よく成長するためには、骨と筋肉をバランスよくつくりあげることが大切です。


〇骨
背がのびる時、実は、骨が長く、たくましくのびているのです。
骨の材料はカルシウム!!
夏は、ビタミンDが増え、骨に運ばれるカルシウムも多くなるので、成長には好都合な季節です。


食べ物の中のカルシウムは、おなか(腸)から血の中に入り、骨まで運ばれます。
血の中のカルシウムにも大事な働き(筋肉活動・心を落ち着かせる など)があるので、カルシウムが足りなくなると、骨のカルシウムがとけて、血の中へ流れていってしまいます!!


〇筋肉
筋肉には、骨を動かす役目があります。骨がたくましくのびたら、そのまわりにある筋肉も同じように増えていかなければなりません。
長くなった骨を動かすためには、成長する前よりたくさんの筋肉が必要になるのです。



筋肉の材料は、たんぱく質です!! たんぱく質は、筋肉の他にも、体の色々な部分(皮膚、内臓、髪、脳など)の材料になります。背がのびると皮膚の面積や内臓の大きさも増えますね。
成長期のみなさんの体は、たんぱく質をたくさんほしがっているのです!!(体の大きいお父さんやお母さんよりも、たくさん必要です)


体の材料になる食べもの
〇骨のもと(カルシウム)の多い食べもの



〇筋肉のもと(たんぱく質)の多い食べもの


今回は、体の材料についてお話しました。次回は、体の材料(カルシウムやたんぱく質)をうまく手に入れて、効率よく成長するための秘けつです。お楽しみに♪



メニューに戻る